検索条件

商品カテゴリから選ぶ
メーカーから選ぶ
商品名を入力

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

お薬優良詳細情報

お薬110番

Qlifeお薬検索

医薬品医療機器情報提供

個人輸入について

  

効果、使用方法、副作用等
わからないお客様は
こちらでお調べください。

TopPage > 鎮痛剤(偏頭痛、腰痛)
鎮痛剤(偏頭痛、腰痛)
リリカカプセル150mgは帯状疱疹後の末梢性神経障害性疼痛の治療薬です。
有効成分プレガバリンは末梢性および中枢性の神経障害性疼痛に効果があり、神経性の鎮痛薬としては世界で最も売れています。

リリカカプセルの詳細
  • NEW
商品コード: GM-132KM

リリカカプセル 150mg

販売価格(税込): 7,500~14,500
ポイント: 75~145 Pt
メーカー:
Pfizer 社
関連カテゴリ:

鎮痛剤(偏頭痛、腰痛)

  • リリカ カプセル 150mg:
  • 数量:

リリカカプセル150mgの詳細

このお薬は、神経障害性疼痛いわゆる神経痛に有効な特殊な鎮痛薬です
。痛みの感じ方はまちまちですが、効果が期待できる痛みの例として、ヒリヒリと焼け付くような痛み、ピリッと電気が走るような痛み、しびれるような痛み、ズキズキする痛み、締め付けられるような痛みなどがあげられます。

中枢性と末梢性をふくめ神経障害性疼痛に広く適応するほか、線維筋痛症に対する有効性も示されています。

痛みを発する異常に興奮した神経系において、各種の興奮性神経伝達物質の放出を抑制することによります。過敏になっている神経をしずめることから、一般的な鎮痛薬(NSAIDs)が効きにくい神経に起因する痛みに効果的です。

カルシウムチャネルα2δ(アルファ2デルタ)リガンドと呼ばれる部類のお薬です。
特異な作用から、従来の鎮痛薬が不得意とする神経障害性疼痛によい効果を示します。

同系のお薬にはガバペンチンがございます。
海外では、神経障害性疼痛に対する第一選択薬として位置づけられています。てんかんの治療にも応用されているようです。

日本では、帯状疱疹後神経痛、帯状疱疹後神経痛、末梢性神経障害性疼痛、線維筋痛症に伴う疼痛、神経障害性疼痛に適応します。

リリカカプセル150mgの効果・効用

帯状疱疹の後遺症(末梢性神経障害性疼痛)の緩和
てんかん、線維筋痛症など

薬理:
過剰に興奮した興奮性神経系において、電位依存性カルシウムチャネルの機能に対し補助的な役割をになうα2δ(アルファ2デルタ)サブユニットと強く結合します。すると、神経シナプスにおけるカルシウム流入が低下し、グルタミン酸等の興奮性神経伝達物質の放出が抑制されます。その結果として、神経障害性疼痛や線維筋痛症による痛みがやわらぐのです。

成分:
プレガバリン 150mg

リリカカプセル150mgの使用方法、注意点

初期用量として1回主成分として75mgを1日2回服用
1週間以上かけて1日用量として300mgまで漸増します。
年齢・症状により適宜増減されますが、1日最高用量は600mgを超えないこと

必ず指示された服用方法に従ってください。

注意
腎臓の悪い人は薬の排泄が遅れがちです。少量で開始するなど服用量や服用間隔に配慮が必要です。
心不全など心臓病をもっている人は、病状の悪化に注意してください。
医師の指示どおりにお飲みください。十分な効果がでるまで少し時間を要することがあります。
自分だけの判断で中止内でください。急に飲むのをやめると、その反動で眠れなくなったり、吐き気や頭痛、下痢、不安、発汗などを起こすおそれがあります。中止する場合は、医師の診断のうえで徐々に減量するようにします。
定期的に各種の検査を受け、効き具合や副作用をチェックしてもらいましょう。
妊娠中における安全性はよく分かっていません。医師の判断で必要性が高い場合にかぎり用いられることになります。
授乳は避けてください。相当量の薬が母乳中への移行することが確かめられています。

リリカカプセル150mgの飲み合わせ、副作用・禁忌

飲み合わせ
安定薬など精神・神経系を抑制する薬と飲み合わせると眠気などの副作用が出やすくなります。モルヒネの部類の鎮痛薬との併用にも注意が必要です。
高血圧治療薬のACE阻害薬と併用した場合、血管浮腫の発現頻度が高まるおそれがあります。
糖尿病治療薬のピオグリタゾン(アクトス)との併用により、浮腫(むくみ)の副作用が出やすくなるかもしれません。とくに心臓病がある人は要注意です。
アルコールとの飲み合わせにより、眠気やめまい、ふらつきなどを起こしやすくなります。

副作用
浮動性めまい、傾眠、浮腫など
な症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。

副作用の初期症状
呼吸困難、全身のむくみ、体動時の動悸心不全、肺水腫意識がなくなる意識消失筋肉痛、脱力感、赤褐色尿横紋筋融解症尿量減少、手足や顔のむくみ、倦怠感腎不全顔面・舌・口唇・のどなどの腫れ、じんましん、呼吸困難血管浮腫

上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください。

他の商品との比較

このお薬は、作用機序が違う鎮痛薬として現在ではとてもよく用いられているお薬です。同様に作用機序の違うトラマドールやガバペンチン等も人気を集めています。症状によって使い分けください。

同様の成分のお薬にはプレジェブ、プレジェブM等がございます。

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

その他のオススメ商品

リリカ(Lyrica) 75mg

販売価格(税込): 4,500~10,500 円

リリカジェネリック | プレジェブOD 75mg

販売価格(税込): 2,000~5,200 円

リリカジェネリック | プレジェブM 75mg

販売価格(税込): 2,200~5,500 円

リリカジェネリック | プレジェブ 75mg

販売価格(税込): 2,000~5,200 円

リリカジェネリック | プレガビッド 75mg

販売価格(税込): 1,200~5,200 円

セレコックス ジェネリック | セレドル

販売価格(税込): 1,200~3,800 円

トラマシップ 50mg

販売価格(税込): 1,500~3,800 円

ブルフェン | イブプロフェン 400mg

販売価格(税込): 1,000~2,500 円