検索条件

商品カテゴリから選ぶ
メーカーから選ぶ
商品名を入力

商品カテゴリー

  • 抗がん剤、抗がん薬
  • 高血圧、糖尿病、高脂血症
  • 骨粗しょう症
  • 胃炎・胃潰瘍・胃腸薬
  • 鎮痛剤(偏頭痛、腰痛)
  • 抗生物質・抗ウイルス薬
  • ダイエット薬
  • 点眼薬・目のお薬・まつげ
  • 美容、美白
  • ニキビ治療薬
  • まつ毛育毛剤
  • アルコール依存、薬物依存治療薬
  • てんかん、ADTD
  • ED薬、インポ薬
  • 性病治療薬
  • 点鼻薬・インヘラー(喘息等)
  • 妊娠関連
  • 低容量ピル、避妊薬
  • 精神安定剤、抗うつ薬
  • 鼻炎・アレルギー全般
  • 催眠導入剤
  • ステロイド・アトピー等
  • 育毛、発毛薬
  • ホルモン剤
  • 水虫、真菌症
  • 前立腺肥大
  • スマートドラッグ
  • 関節リウマチ
  • パーキンソン・アルツハイマー
  • 精神病薬
  • ビタミン剤
  • インド漢方薬(HIMAYARA社)
  • その他

個人輸入って何?

個人輸入とは、個人が使用する目的で電化製品、衣料品、医薬品等を全世界より輸入することをいいます。
ただ、個人でやるとわからないことも多いため、個人輸入を代行している業者に頼んで輸入することが一般的です。


医薬品の個人輸入について

医薬品、医薬部外品などを個人が自分で使用する目的で(つまり、転売、譲渡はできません!)、薬事法に定められた制限内の数量であれば、全世界より個人輸入することができます。 医薬品であれば2ヶ月分以内、要指示薬(使用にあたって医師の指示が必要な医薬品)は1ヶ月分以内です。また、ビタミン剤、サプリメント等は4ヶ月以内となっております。 このような医薬品を個人輸入することは、日本においても発送国現地においても違法ではありません。

ただし、国内で販売される医薬品は有効性と安全性が認められているが、個人輸入した海外の医薬品を使用するにあたっては、 安全性の保障は一切ないということから注意を促している国もあります。 当社では、アメリカ国FDAの承認薬を中心に扱っていますので、安全性は高いと自負しておりますが、各国の薬事法がことなっていますので、ご注意ください。


関税および消費税について

購入額がある一定額を超えたときは、税関にて別途関税及び消費税が課税されることがあります。 この場合の課税額はお客様のご負担になりますことをご了承ください。 (関税については、税関当局により判断・決定されるため、当店では関与する事はできません。もし税額などに疑問がある場合は「課税通知書」記載の担当局に直接お問合せ頂けます。)

ハガキによる「税関手続きの通知」が届いた場合は、ハガキに記載されている連絡先へ直接お問合せ下さい。 税関にて手続き完了後、輸入品は郵便配達されますが、受取時に税関で決定された関税は郵便配達員に直接お支払ください。

輸入品について問合せや指示があった場合には、個人使用の旨を伝えてくだされば、問題ございません。

また下記の点にご注意ください。


  1. 女性用製品、男性用製品の個人輸入について
    本人の使用を目的とした個人輸入では、ピルや女性ホルモン剤などのように明らかに女性用の製品であるものを、男性名義で輸入した場合、 税関の判断で認められないことが稀にあります。 女性用製品は女性名義で、男性用製品は男性名義でお申し込みください。
  2. 会社宛への個人輸入
    会社、商店、ビル宛ご住所へのお届けは、税関にて個人輸入とみなされず、関税の支払を求められる場合があります。 スムーズに輸入品をお受け取りいただくためにも、ご自宅、もしくは郵便局留めなどでのお受取をおすすめしております。
  3. 各国の輸入範囲を超える注文につきましては、関税からの指摘がございましたら、受け取りを拒否してください。

個人輸入に関して、 さらに詳しい内容をお知りになりたい場合は、下記厚生労働省各所に
お問い合わせくださいませ。


  • 厚生労働省 個人輸入関連ホームページ
    http://www.mhlw.go.jp/topics/0104/tp0401-1.html
  • 各地域、地方厚生局薬事監視専門官室電話番号
    関東信越厚生局(函館税関、東京税関及び横浜税関)
    電話 : 048-740-0800
    近畿厚生局(名古屋税関、大阪税関、神戸税関、門司税関及び長崎税関)
    電話 : 06-6942-4096
    九州厚生局沖縄麻薬取締支所(沖縄地区税関)
    電話 : 098-854-2484